類似群コードについて

一般的に、指定商品役務は区分(第1類から第45類)によって、それぞれの効力範囲が定められています。
しかし、商標の類似をチェックする際は、区分内のみを見るのでは十分ではなく、類似群コードと呼ばれる、更に細かい区分をチェックする必要があります。
nomyneでは、指定商品役務を特許庁が公開する基準に基づいて、類似群コード単位で細かく調査します。

さらに詳しくは、特許庁のHPをご参照ください。
https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/ruijigun_cord_reidai.htm